見積りをとっても値段以外にも目を向けないと大変な事になるかも?

引越しを決める際、引越し業者によって引越し料金の見積もりを行うことになります。実際に自宅に来てもらい、荷物の量や自宅の環境(一戸建てなのかマンションなのか、エレベーターの有無、階層などなど)を確認し、正確な引越し料金が決まります。その際、引越しの見積書をもらうことになると思いますが、多くの人が引越し金額の合計しか見ていない人が多いです。ですが、見積書には様々な情報が記載されていますので、引越しの内容に間違いがないかなどを知る上で大事なものとなります。見積書をしっかりと確認しておらず、引越しの当日に追加の料金が発生してしまうなんてことのないように注意しましょう。見積書のチェックすべきポイントやその見方について紹介します。

 

引越し日・時間

引越しの日時は必ず確認しましょう。引越しをする日を間違えていたらそれこそ一大事です。引越しを行おうと会社を休んだのに、日にちが違っていたら大変ですよね。見積書の引越し日はしっかりとちぇくしておきましょう。また、忘れがちなのが引越し開始時間です。見積書には引越しを行う時間もしっかりと記載されていますので、時間を勘違いして業者を待っているのになかなか来ないなんてことにならないように日時はしっかりと把握しておきましょう。また、引越しの内容によっては、事前に業者が訪問して荷物をまとめてくれるサービスがあります。これは「小物梱包日」という名目で記載されていますので、事前に荷物の梱包を依頼している場合は、この日程もしっかりと確認しておきましょう。

 

荷物の内容

見積もりの際に、業者はどのような荷物がいくつあるかを確認するためにチェックリストを利用します。家電や家具、寝具、自転車やバイクなど、運ぶものすべてをチェックし、それに応じたトラックの大きさや数を決めることになり、それにより引越し料金が変動します。荷物チェック漏れがあると、引越し当日になってチェックリストにないからと持っていってくれなかったり、追加料金をとられる可能性もあります。そういったことにならないよう、チェックリストに漏れがないように荷物の内容はしっかりと確認しておきましょう。

 

料金項目

見積書で重要なのはやはり金額ですよね。引越し料金の金額は大きく分けて2つに分かれます。

 

運賃

荷物を運ぶために発生する金額です。多くはトラックなどの利用料金や燃料費となりますが、引越し先が近くて車両を利用しないような場合であっても、この運賃は発生します。荷物を運ぶということに対して支払うお金となります。トラックの大きさや数などによってもこの金額は大きく変わってきますので、どれくらいの大きさのトラックが何台使用されるのかを確認し、もしも記載されていなければ担当に口頭で質問しておきましょう。

人件費

引越しの際に来てくれるスタッフの数です。引越し料金のほとんどを占めるのがこの人件費です。この数が多いほど料金が高くなります。多くは同じスタッフが荷物の積み下ろしを行ってくれますが、中には旧居と新居で荷物を運ぶスタッフが異なることがあります。旧居は積地、新居は卸地と表記されていますので、この人数が異なる場合は新居と旧居でスタッフが変わる可能性がありますので事前に確認しておきましょう。引越しを行うに当たり、スタッフの数は重要です。荷物を運ぶペースも人が多いほどすぐに終わりますので、料金が同じでもスタッフの数が異なる場合は、スタッフの数が同じ会社を選ぶといいですよ。

 

オプション

一番気をつけたい項目です。引越しの基本料金で大抵のものは運んでもらえますが、中には気をつけて運ばなければならないものや、運んだ後に設置や取り付けなどが必要なものもあります。ピアノや美術品など運ぶ際に技術が必要な物は別に追加料金が必要となります。また、テレビやビデオなどの配線や、エアコンや洗濯機など家電の取り付けなどがオプションとなっていることもありますので、このオプションに気をつけましょう。

 

引越し当日に当たり前に行われると思っていたものが行われず、後になって追加料金が必要になるなんてトラブルが良くありますので、しっかりと確認しておきましょう。中にはあえてこのオプションからはずして追加でお金をとろうなんて業者もありますので、見積もりの段階で追加料金が発生しないことを確認しておくのも手かもしれませんね。

 

 

⇒引越し見積りはコチラから