料金に影響する要因は?

引越しの料金とはいっても、引越しの仕方や距離、荷物の量などによって料金は大きく異なります。

 

料金は引越しの依頼主ごとに異なっていて当然と言えます。

 

引っ越しの料金の内訳とはいったいどのようになっており、どのように決まるのでしょうか?

 

 

引越し料金を大きく決めるものは3つあります。

 

@運ぶ荷物の量A引っ越し作業員の数B引っ越し先への移動距離以上の3つで引越し料金のほとんどが決められています。

 

@運ぶ荷物の量

家電や家具、衣料品、本、皿など、引越会社に持って行ってもらう物すべての総量です。家電や家具などはある程度大きさが分かるものの、服や本や食器などのものはダンボールに詰めるため、そのダンボールの数が重要です。これらの荷物の量によって使用するトラックの大きや数が変わってきます。荷物の量が増えればそれだけ重量が増えるため、移送する燃料費がかかてきますし、もちろんトラックの台数が増えれば料金はかなり上がってしまいます。いかに荷物の量を減らすかで引越料金が大きく変わってきますよ。

A引越し作業員の数

引越を行ってくれるスタッフの数です。下ろす人と引越料金で一番高いのはもちろんこの人件費です。スタッフの数が少なければそれだけ人件費を削ることができるので、料金はかなり下がります。ですが、作業員の数を減らすことは引越の効率が悪くなるだけでなく、引越を自分から手伝う必要が出てきます。荷物の量にもよりますが、4人家族であれば、3人は必要だと思います。自分の家の荷物の量を確認し、その量に見合わないくらい多い人が来るようであればこの数を減らしましょう。なかにはわざと人数を多くしているところもあるので、見積もりはしっかりと確認しましょうね。

B引越し先への移動距離

引越先が同じ県内など近距離での引越なら問題ありませんが、引越し先が他県で何百qも離れているような場所では、料金は高くなります。これは引っ越し先を変更することはできないため、ここで料金を安くすることは困難です。必要経費として割り切りましょう。

 

 

以上の3つが引越の料金の多くを占めています。ですが、これだけでは引越の料金は決まりません。他にも引越の料金を左右するものがあります。

 

 

C引越の日柄

引越の日が土日祝日は高くなりますが、その他には大安などの日柄の良い日は高く、仏滅などの日柄が悪い日には安くなります。日柄を気にしない人は、平日の仏滅などを選ぶと料金が安くなりますよ。

D荷物の吊り下げ

家具などが大きすぎて、引越先に運べないときなどは、クレーンなどで荷物をつり下げて窓から入れるなどすることがあり、これにはもちろんお金がかかります。事前に廊下の幅やドアの幅などはしっかりと確認しておきましょう。

E家電の設置

テレビやビデオの配線や、洗濯機の設置、エアコンの設置はオプションとしているところが多いです。自分で行える人はオプションから外してしまいましょう。洗濯機やエアコンなどは少し知識が必要ですので、自分で無理に設置して故障してしまうなんて事にならないように気を付けましょう。

 

 

上記のように、引越料金のなかには様々な要素が合算されています。そのため、引越の見積もりをしたときにはその内訳をしっかりと確認することが重要ですよ。変なオプションで無駄なお金を支払うことの内容に注意しましょう。