見積もりの取り方(昔と今)

引越の見積もりというと、昔は引越会社を1つ決めたらその営業の人に来てもらい、見積もりを出して決めていました。昔は数社で見積もりを取っている人は少なく、見積もりを出してもらったら多少の交渉はしても引越会社の言い値で決まっていたのがほとんどです。昔は引越を数社でとること自体が一般的ではありませんでした。ですが、今は時代が違います。今や家でも外出先でもスマホやパソコンさえあれば、簡単に見積もりをとることができるんです。しかも、数社で一度に見積もり依頼をかけることができるため、他社で競合してもらって引っ越し費用を安くすることもできるんです。今や引越会社が契約してもらうために必死になる時代なんです。

 

ズバット引越し比較

「ズバット引越し比較」は株式会社ウェブクルーが運営している引越料金の見積もりを一括で行えるサイトです。見積もりの依頼を出来る業者はなんと200社以上であり、見積もり条件や荷物の量、引越予定日などを入力するだけで簡単に見積もりを依頼することができるんです。しかも、同時に依頼できる業者の数は最大で10社です。見積もり依頼後、おおよその相場が表示され、詳細は各業者から連絡があります。その中から気に入った業者を自宅に呼んで、詳細な見積もりを出してもらい、契約となります。最初に業者に来てもらう必要なく、おおよその引越料金を知ることができ、数社で比較をすることが簡単にできてしまうんです。「ズバット引越比較」を利用した人は約350万人を超えており、そ
の信頼と実績は他の見積もりサイトを圧倒しています。時期によって、「ズバット引越比較」から引越の契約をすると抽選で10万円や1万円が当たるキャンペーンもやっていますよ。

 

見積もりのチェックポイント

見積もり次の注意点は、引越にかかる費用がちゃんと全て記載されているかが重要です。引越後にエアコンの取り付けやテレビの配線などがオプションであり、追加の料金が発生するなんてことがあり、荷物搬入後に請求されるなんて事があるかもしれません。見積もりの際には必ずオプションの項目を確認し、エアコンなどの取り付けが引っ越し料金にちゃんと入っているか聞きましょう。また、人件費も重要です。引越は人手が多い方がもちろん早く終わりますが、引越料金で一番かかるのが人件費なんです。無駄に多くの人を派遣されたりしないよう、引越の荷物の量などを考えてスタッフの人数を確認しましょう。平均的に4人家族の引越でスタッフ3人くらいが相場です。また、友人などが手伝ってくれる場合では人手が足りるので、スタッフの数を一人減らすこともできます。人が減ればその分引越料金は下がりますよ。(⇒人気のオプションはコチラ)

更新履歴